30代女性の場合

10代の女性の風俗業界未経験というのは、「10代」であり「未経験」というかなりの希少価値の部分がセールスポイントになりますから、ある意味「鬼に金棒」状態になります。
とはいえ、20代女性の風俗業界未経験もまだまだ価値が高いとされているのです。
20代後半でも未経験はプラスになり、マイナスになることのない段階だということなのです。
では、30代女性の風俗業界未経験の場合はどうなのでしょうか。
やはり、30代以上で未経験なら、売り出し方やお店選びがもっと大事になってきます。
そこで、30代以上の女性という場合、お姉さん系、もしくは素人コンセプトの人妻店でお仕事をスタートするのが妥当なところだと思われます。

もしかしたら、「私はもう30代後半だから」と思う女性もいるかもしれません。
そもそも、風俗のお仕事で一番大事なのは見た目年齢なのです。
実際のところ、お客様には本当の年齢というのはわからないものです。
ですので、年齢が30代でもよく20代に見られる女性なら、「お姉さん系」など20代後半くらいの女性のお店を選ぶのもアリですし、40代以上でも見た目が30代ならかなり選択肢があるということになるのです。
さらに、自分とのマッチングも大事であり、無理をすると悲しいことになります。
要するに、見た目が20代という30代女性も少なからずいますが、30代後半以降になると、正直さすがに「お姉さん系」の選択肢はつらくなってきます。
無理をして若いふりをしても稼げませんので、稼ぎ優先なら自分の見た目年齢に従ってお店選びをするのがとても大事なのです。

ここでも大事なのは客観的な視点になりますので、お店選びのときには自分の見た目が何歳くらいに見られているかなど、周囲からの意見も是非参考にするのが一番いいと思われます。
最後に、未経験の女性の場合はハードな人妻店にはちょっと注意が必要で、いきなり入ると続かない可能性がるのです。
年齢だけからいえば「人妻店」を選ぶことになりがちですが、人妻店の中には割合ハードなサービスを提供するお店も決して少なくはないのです。
そうしたお店は、大体風俗のお仕事をすでに経験している女性がほとんどですので、未経験の女性には抵抗が強くてお仕事が続かないなんてことも多々あるのです。
お店の内容が自分にマッチするかをチェックするときには、必ず男性のお客様用のホームページをチェックする必要があります。
そのうえで、最初は自分でもできそうだなと思えるお店に行くのがいいでしょう。