男性目線を大事にする

風俗業界では、20代の女性が一番多く働いているということから、大抵のお店で働くことができるといわれています。ですが、それだけに風俗業界未経験からするとお店の選択肢に大きく困ってしまうというのも事実でもあるのです。そこで、20代の女性が風俗で働くことに一番大事なのは、自分のコンセプトがきちんとマッチしているお店で働くということになります。童顔の女性なのに、自分は20代だからとキレイ系のお店で働いたところで人気はそう簡単に出ないと思われます。それは、単純にお店のコンセプトとその女性のキャラが全然噛み合ってしないからなのです。ですので、実際に周囲の人に自分は何系なのか聞いてみることで実際に知るというのも一つ手のでもあります。わざわざ風俗店選びだからなんて、周囲の人に本当のことを言う必要は全くありません。

たとえば、服選び、髪型選びを装って、友達や知り合いに聞いてみるのがいいでしょう。
ただ、なるべく男性の意見を一番重宝したほうがいいと思われます。
なぜかというと、女性同士でカワイイと言って派手目な感じを目指しているのに、男性目線からするともう少し清楚系のほうがその顔なら合っている、と内心思っている場合が実際には多くあるのです。
そんなことを言われてもわからないし、実際にそんなことを聞ける男友達もいないという女性もいることでしょう。
そういうときには、いくつものバリエーションを持ったお店が傘下にある、大手グループのお店に面接に行ってみることがオススメでもあります。
「どういったお店が一番合っているか」という質問をして、「あなたの感じだとキレイ系のお店が一番稼げます」、といったようなアドバイスがきっともらえるはずです。
実際、20代でも風俗業界未経験の場合はまだまだ価値が高く、風俗業界の中心になる層で「風俗業界未経験」はとても有利なことでもあるのです。20代後半でも未経験はかなりのプラスとなり、マイナスになることのない段階でもあります。スタート時にはそれをしっかりと打ち出して、思う存分稼ぐことだって夢の話では決してないのです。

最後に、30代以上で風俗業界未経験なら、売り出し方やお店選びがさらにもっと大事になってきます。
求人サイトや営業サイトで待遇や保証をしっかり確認しましょう。
それでも初心者には何かと不安があるものです。1日体験入店を実施しているお店もありますので、お店の雰囲気や客層などを事前に知るためにも体験してみるのもいいでしょう。
30代で風俗業界が初めてという女性は、実のところ結構多かったりするものなのです。
ただ、20代に比べるとどうしてもお店のバリエーション幅が狭くなってしまいがちというマイナスな面もあるのも事実になってくるのです。