20代はコンセプト

風俗業界初心者が風俗業界で働く際、初めのお店選びがとても肝心だとされています。
そのお店選びを間違ったことにより、第一の目的である稼ぎの部分に大きな影響が出てきてしまうからなのです。
そこでまず、10代の女性に関してはかなりの希少価値になってきますので、稼ぎの部分に関しては大いに期待ができます。
そういった女性であれば、女性高生がコンセプトである素人系か学園系のお店で働くのが鉄板だとされているのです。
ただ、たとえその女性の年齢が本当に10代でも、タイプによっては学園系ではないお店のほうが稼げるというケースがあります。

たとえば、「身長が165センチ以上の高身長な女性」や「ルックスがかなり大人っぽい女性」、などといった場合には10代でも学園系よりはキレイ系お姉さんをコンセプトにしたお店のほうが稼げるのです。
後、OL系や教師系などのお店で働いたほうがマッチしたりすることもあります。
女子高生や学園コンセプトのお店にはどうしてもロリ的要素やカワイイを求めるお客様が多くなってきますので、身長が高い女性や大人っぽい女性は若干不利になってしまう傾向にあるのです。
実際に、そういうミスマッチをしている10代女性もかなり多く存在しているのです。
逆に、20代後半であってもかなり若く見える低身長の女性なら、学園系で稼げることだって全然可能になってきます。
ですので、身長165センチオーバーなどに自分がもし当てはまると思いましたら、キレイ系のお店で「10代」、「風俗業界未経験」ということを大きなセールスポイントにして働けばいいと思われます。

次に20代の女性なのですが、20代というのが一番この業界で選択肢が広い年齢ゾーンになってきます。
そういったことから、大抵のお店でお仕事ができるでしょうが、それだけに選択肢に困ってしまう場合も多々出てきてしまうのです。
そこで、20代女性は自分とコンセプトの一番マッチしたお店を選ぶのが本当に大事だということになります。
コンセプトが大きくずれたお店選びをした結果、全然稼げなかった女性というのは実際に多く存在していますし、客観的に自分のキャラをわかっていない女性というのも結構多かったりするものなのです。
自分はカワイイ系だと思っていたら、お店の人からは「キレイ系のお店に行ったほうが実は人気が出るだろうな」と思われていること多数でもあるのです。
こればかりは自分のことを客観視するということしか方法はないような気もします。