30代女性の場合

10代の女性の風俗業界未経験というのは、「10代」であり「未経験」というかなりの希少価値の部分がセールスポイントになりますから、ある意味「鬼に金棒」状態になります。
とはいえ、20代女性の風俗業界未経験もまだまだ価値が高いとされているのです。
20代後半でも未経験はプラスになり、マイナスになることのない段階だということなのです。
では、30代女性の風俗業界未経験の場合はどうなのでしょうか。
やはり、30代以上で未経験なら、売り出し方やお店選びがもっと大事になってきます。
そこで、30代以上の女性という場合、お姉さん系、もしくは素人コンセプトの人妻店でお仕事をスタートするのが妥当なところだと思われます。

もしかしたら、「私はもう30代後半だから」と思う女性もいるかもしれません。
そもそも、風俗のお仕事で一番大事なのは見た目年齢なのです。
実際のところ、お客様には本当の年齢というのはわからないものです。
ですので、年齢が30代でもよく20代に見られる女性なら、「お姉さん系」など20代後半くらいの女性のお店を選ぶのもアリですし、40代以上でも見た目が30代ならかなり選択肢があるということになるのです。
さらに、自分とのマッチングも大事であり、無理をすると悲しいことになります。
要するに、見た目が20代という30代女性も少なからずいますが、30代後半以降になると、正直さすがに「お姉さん系」の選択肢はつらくなってきます。
無理をして若いふりをしても稼げませんので、稼ぎ優先なら自分の見た目年齢に従ってお店選びをするのがとても大事なのです。

ここでも大事なのは客観的な視点になりますので、お店選びのときには自分の見た目が何歳くらいに見られているかなど、周囲からの意見も是非参考にするのが一番いいと思われます。
最後に、未経験の女性の場合はハードな人妻店にはちょっと注意が必要で、いきなり入ると続かない可能性がるのです。
年齢だけからいえば「人妻店」を選ぶことになりがちですが、人妻店の中には割合ハードなサービスを提供するお店も決して少なくはないのです。
そうしたお店は、大体風俗のお仕事をすでに経験している女性がほとんどですので、未経験の女性には抵抗が強くてお仕事が続かないなんてことも多々あるのです。
お店の内容が自分にマッチするかをチェックするときには、必ず男性のお客様用のホームページをチェックする必要があります。
そのうえで、最初は自分でもできそうだなと思えるお店に行くのがいいでしょう。

男性目線を大事にする

風俗業界では、20代の女性が一番多く働いているということから、大抵のお店で働くことができるといわれています。ですが、それだけに風俗業界未経験からするとお店の選択肢に大きく困ってしまうというのも事実でもあるのです。そこで、20代の女性が風俗で働くことに一番大事なのは、自分のコンセプトがきちんとマッチしているお店で働くということになります。童顔の女性なのに、自分は20代だからとキレイ系のお店で働いたところで人気はそう簡単に出ないと思われます。それは、単純にお店のコンセプトとその女性のキャラが全然噛み合ってしないからなのです。ですので、実際に周囲の人に自分は何系なのか聞いてみることで実際に知るというのも一つ手のでもあります。わざわざ風俗店選びだからなんて、周囲の人に本当のことを言う必要は全くありません。

たとえば、服選び、髪型選びを装って、友達や知り合いに聞いてみるのがいいでしょう。
ただ、なるべく男性の意見を一番重宝したほうがいいと思われます。
なぜかというと、女性同士でカワイイと言って派手目な感じを目指しているのに、男性目線からするともう少し清楚系のほうがその顔なら合っている、と内心思っている場合が実際には多くあるのです。
そんなことを言われてもわからないし、実際にそんなことを聞ける男友達もいないという女性もいることでしょう。
そういうときには、いくつものバリエーションを持ったお店が傘下にある、大手グループのお店に面接に行ってみることがオススメでもあります。
「どういったお店が一番合っているか」という質問をして、「あなたの感じだとキレイ系のお店が一番稼げます」、といったようなアドバイスがきっともらえるはずです。
実際、20代でも風俗業界未経験の場合はまだまだ価値が高く、風俗業界の中心になる層で「風俗業界未経験」はとても有利なことでもあるのです。20代後半でも未経験はかなりのプラスとなり、マイナスになることのない段階でもあります。スタート時にはそれをしっかりと打ち出して、思う存分稼ぐことだって夢の話では決してないのです。

最後に、30代以上で風俗業界未経験なら、売り出し方やお店選びがさらにもっと大事になってきます。
求人サイトや営業サイトで待遇や保証をしっかり確認しましょう。
それでも初心者には何かと不安があるものです。1日体験入店を実施しているお店もありますので、お店の雰囲気や客層などを事前に知るためにも体験してみるのもいいでしょう。
30代で風俗業界が初めてという女性は、実のところ結構多かったりするものなのです。
ただ、20代に比べるとどうしてもお店のバリエーション幅が狭くなってしまいがちというマイナスな面もあるのも事実になってくるのです。

20代はコンセプト

風俗業界初心者が風俗業界で働く際、初めのお店選びがとても肝心だとされています。
そのお店選びを間違ったことにより、第一の目的である稼ぎの部分に大きな影響が出てきてしまうからなのです。
そこでまず、10代の女性に関してはかなりの希少価値になってきますので、稼ぎの部分に関しては大いに期待ができます。
そういった女性であれば、女性高生がコンセプトである素人系か学園系のお店で働くのが鉄板だとされているのです。
ただ、たとえその女性の年齢が本当に10代でも、タイプによっては学園系ではないお店のほうが稼げるというケースがあります。

たとえば、「身長が165センチ以上の高身長な女性」や「ルックスがかなり大人っぽい女性」、などといった場合には10代でも学園系よりはキレイ系お姉さんをコンセプトにしたお店のほうが稼げるのです。
後、OL系や教師系などのお店で働いたほうがマッチしたりすることもあります。
女子高生や学園コンセプトのお店にはどうしてもロリ的要素やカワイイを求めるお客様が多くなってきますので、身長が高い女性や大人っぽい女性は若干不利になってしまう傾向にあるのです。
実際に、そういうミスマッチをしている10代女性もかなり多く存在しているのです。
逆に、20代後半であってもかなり若く見える低身長の女性なら、学園系で稼げることだって全然可能になってきます。
ですので、身長165センチオーバーなどに自分がもし当てはまると思いましたら、キレイ系のお店で「10代」、「風俗業界未経験」ということを大きなセールスポイントにして働けばいいと思われます。

次に20代の女性なのですが、20代というのが一番この業界で選択肢が広い年齢ゾーンになってきます。
そういったことから、大抵のお店でお仕事ができるでしょうが、それだけに選択肢に困ってしまう場合も多々出てきてしまうのです。
そこで、20代女性は自分とコンセプトの一番マッチしたお店を選ぶのが本当に大事だということになります。
コンセプトが大きくずれたお店選びをした結果、全然稼げなかった女性というのは実際に多く存在していますし、客観的に自分のキャラをわかっていない女性というのも結構多かったりするものなのです。
自分はカワイイ系だと思っていたら、お店の人からは「キレイ系のお店に行ったほうが実は人気が出るだろうな」と思われていること多数でもあるのです。
こればかりは自分のことを客観視するということしか方法はないような気もします。

10代はかなり貴重

一昔前から続く不景気のせいなのか、今でもまだまだ就職難という言葉が残っているような気もします。
景気回復に向っているといえども、1980年頃のバブル期に比べればまだまだ不景気の煽りは残っているのです。
決してそのせいだけとはいいませんが、ここ最近は風俗店で働きだす女性というのが少しずつですが増えていっているのではないかと思われます。
女性にとって風俗業界は、風俗業界未経験というのがその女性の武器になったり、売りになったりすることはあっても、ハンデになることが少ないというちょっと特殊な業界でもあります。
それだけに最初のお店選びはとても肝心なのです。
ただ、今まで面接をした女性などのから声を聞くと、初めてのお店は「フィーリング」で選んでしまったという女性も少なくはなく、そもそも業界の知識も勘もないのですから当然といえば当然のことかもしれません。
そういう「フィーリング」で選んでしまったということは、正直なところ稼ぎになる部分のチャンスを少なからず失っているのです。

高収入を目的に風俗業界に飛び込んできたのですから、その稼ぎの部分で損をしているというのはかなりもったいない話でもあります。
そこで、10代後半で風俗業界未経験なら、その希少価値を存分に活かしたほうがいいとされています。
風俗業界未経験の女性の場合、年齢が若いことが多いという特徴があり、その年齢が若いことはそれだけで大きな価値でもあるのです。
さらに「風俗業界未経験」という肩書きがついてくれば、それはもうある意味「鬼に金棒」状態だといっても過言ではないのです。
風俗で働ける10代というのは、高校生ではない18歳か19歳だけであり貴重でもあります。
学生なら大学1年生から2年生の途中、最長でも2年生より下の年代というのは希少な期間です。
中にはまだ処女だけど、どうしても稼ぐ必要があるからこの業界のお仕事をするという女性も時々いたりもするのです。

これに関しては、かなりといっていいほどのセールスポイントとなるでしょう。
そして10代の場合というのは、女子高生がコンセプトの素人か学園系のお店が間違いないと思われます。
これに関しては一言でいって鉄板であり、ある程度以上のルックスやコミュニケーション能力があるなら、とてもソフトな内容の学園系オナクラでもかなり稼ぐことすらできます。
また、稼ぎまくりたい女性の場合には、「10代の女性だけしか在籍できない」というコンセプトの高級店すらあるほどなのです。
10代という貴重な青春時代に風俗で働くということは、世間一般から見れば考えられないような話かもしれませんが、ある意味10代でしか稼げないやり方というのが風俗にはたくさん転がっているのです。